ブログ/コラム

鳶には多くの種類がある

鳶(とび)というと、建設業界に携わっていない方は、住宅から大型のマンションなどの足場を組み立てる工事を行う職人(足場鳶)のことをイメージされる方が多いのかもしれません。

しかし実際には、鳶は足場鳶だけでなく、鉄骨鳶や鍛冶鳶、重量鳶、機械鳶、橋梁鳶などの種類があります。

 

それぞれを簡単に説明すると、

足場鳶は、住宅やマンションなどの工事現場で、建物の周りの足場を組み立てる工事を行います。

鉄骨鳶は、大型マンションやビルなどの現場において、鉄骨建て方と呼ばれる鉄骨を組み立てるなど、建物の骨組みを作る作業を行います。

鍛冶鳶は、高層階などの高所で鉄骨を加工したり溶接などの鍛冶工事を行います。

重量鳶は、曳き家や各種設備などを高所に移動させる工事を行います。

機械鳶は、建設に必要となるクレーンやリフトなどの大型機械の移動や設置、据付け工事を行います。

橋梁鳶は、橋や高速道路などの高架線、ダムなどを作る現場で橋を架ける工事を行います。

建物は完成すると、きれいな内装や外観に目がいってしまうものですが、建物を建設するにあたって、さまざまな職人が作業をするために足場を設置したり、建物の基礎であり軸でもある鉄骨などを組み立てるなど、鳶職人(鳶工)たちが活躍しているのです。

東京都渋谷区の株式会社協進建設では、現在鳶工事を行う作業スタッフの求人募集を行っております。

求人についてのお問い合わせはこちらから